日本語版の例

Kule Document

ダウンロード


Typography

Default font-size: 14px, line-height: 1.8em;

「日本」、太陽崇拝と相俟った中央集権的発想に基づくもの[要出典]、また日本列島が中国大陸から見て東の果て、つまり「日の本(ひのもと)」に位置することに由来しているのではないかとされる[1]。憲法の表題に「日本国憲法」や「大日本帝国憲法」と示されているが、国号を「日本国」ないしは「日本」と直接かつ明確に規定した法令は存在しない。

由来

「日本」の表記が定着する以前、日本列島には、中国の王朝から「倭国・倭」と称される国家があった。新羅本紀では「670年、倭国が国号を日本と改めた」とされている。「倭」と「日本」の関係について、日本書紀によれば、「ヤマト」の勢力が中心に倭を統一した古代の日本では、漢字の流入と共に「倭」を借字として「ヤマト」と読むようになり、やがて、その「ヤマト」に当てる漢字を「倭」から「日本」に変更し、当初はこれを「ヤマト」と読んだとする[2]。旧唐書は、「倭国」と「日本国」を併記した上で、日本国は倭国の別種とし、倭国が日本国に改名した可能性と元小国の日本が倭国を併合した可能性について記している。

「日本」という国号の表記が定着した時期は、7世紀後半から8世紀初頭までの間と考えられる。この頃の東アジアは、618年に成立した唐が勢力を拡大し、周辺諸国に強い影響を及ぼしていた。斉明天皇は658年臣の阿倍比羅夫に、外国である粛慎(樺太)征伐を命じている。663年の白村江の戦いでの倭国軍の敗戦により、唐は劉徳高や郭務悰、司馬法聡らの使者を倭国に遣わし、唐と倭国の戦後処理を行っていく過程で、倭国側には唐との対等関係を目指した律令国家に変革していく必要性が生じた。これらの情勢を契機として、668年には天智天皇が日本で最初の律令である近江朝廷之令(近江令)を制定した。そして672年の壬申の乱を経て強い権力を握った天武天皇は、天皇を中心とする体制の構築を更に進め、689年の飛鳥浄御原令から701年(大宝元年)の大宝律令の制定へと至る過程において国号の表記としての「日本」は誕生したと考えられる。

要員・装備・予算

以下のような政策・傾向を継続している。
  1. 防衛費の絶対額では世界上位。しかし、国の経済力に対する防衛費の割合は、著しく低水準に抑えられている。
  2. 兵員・戦車・作戦機・軍艦の数などに見られる規模の小ささを、質の向上や同盟国の能力によって補完する。
  3. 近年は財政状況の悪化により、仮想敵国や周辺諸国との協調的な軍縮でなく、単独で一方的・自主的に軍縮する。

地理・地勢

最東端
東京都南鳥島 (北緯24度16分59秒・東経153度59分11秒)
最西端
沖縄県与那国島西崎 (北緯24度26分58秒・東経122度56分01秒)「日本の最~端」のなかで唯一、公共交通機関で訪れることができる場所である。
最南端
東京都沖ノ鳥島 (北緯20度25分31秒・東経136度04分11秒)
最北端
北海道弁天島 (北緯45度31分35秒、東経141度55分09秒)(日本政府の実効支配下にある領域の最北端)

Tables

Doc: http://www.kule.tw/base-tables.php

# 製品名 単価 小計
1 SONY Xperia Z C6602 - Black NTD 21,900 1 NTD 21,900
2 Apple MacBook Pro 13-inch retina NTD 53,900 1 NTD 53,900
3 Dell UltraSharp U2711 27-inch NTD 23,699 1 NTD 23,699
合計 (税が含まれて:5%):NTD 104,474

Forms

Doc: http://www.kule.tw/base-forms.php


Buttons

Doc: http://www.kule.tw/base-buttons.php

ボタン


Navigation

Doc: http://www.kule.tw/component-navigation.php


Notice

Doc: http://www.kule.tw/component-notices.php

×
表題

コンテンツ...


Hints

Doc: http://www.kule.tw/component-notices.php

私に触れる


jQuery UI

Doc: http://www.kule.tw/jquery-ui.php

セクション 1

自然地理的区分は、地質構造を基準に、本州中部を南北に縦断する糸魚川静岡構造線を境に、南西日本と東北日本とに大別される。付近では、ユーラシアプレート、フィリピン海プレート、太平洋プレート、北アメリカプレートがせめぎ合い、環太平洋造山帯・環太平洋火山帯・環太平洋地震帯と呼ばれる帯の一環をなしている。そのため、世界全体で放出される地震エネルギーのうち1割から2割が日本の周辺に集中すると言われているほど地震が頻発し、震度1や2クラス程度の地震なら、どこかで毎日のように起きている。また、火山活動が活発な事から火山性土壌が多く、これが日本列島の自然を豊かにした面もある。温泉が多い事も火山の恵みと言える。

セクション 2

河川は、利根川・最上川などが代表的であるが、大陸河川と違い、源流から河口までの距離が大変に短いこと、海抜高低差が急なこともあり、比較的流れが速い。集中豪雨が発生すると堤防が決壊し、人家・田畑に甚大な被害を及ぼすという短所もあるが、比較的新鮮な水が取水しやすいのも特色である。

セクション 3

周囲を海に囲まれた島国であることから、海上交易・漁業ともに盛んな海洋国家である。内海を含む領海を入れた領域の面積は約43万km²である

セクション 4

日本政府が主張する日本の排他的経済水域(EEZ)は領土面積の約12倍である約405万km²、領海とEEZを合計すると約447km²であり世界では第6位となる[73]。ただし韓国が実効支配し日本が領有権を主張している竹島と日本が支配し中国が領有権を主張している尖閣諸島周辺海域についてはそれぞれの国家間で合意に至っていない。また、九州西方と東シナ海の領域については中国と韓国が自国の領海から延伸する大陸棚に関して権利を主張している。